成長痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 夕方〜夜や寝ている時にたまに足の痛みを訴える
  • 睡眠中に痛みで泣いて起きてしまうが、翌朝には痛みが消えている

その痛み、もしかしたら「成長痛」かもしれません。

青梅市にある河辺リーフ鍼灸整骨院では国家資格を持った柔道整復師または鍼灸師が施術するため安心して治療が受けられます。

成長痛とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

成長痛とは、成長期(幼児期、学童期、思春期)の子どもの足の痛みの総称として、広く使われています。

そのため、膝のオスグッド病や踵骨のセーバー病など運動をしているお子さんに多いスポーツ障害も「成長痛の一つ」として、表現されてしまうことがありますが、同じ意味ではありません。成長期のスポーツ障害ははっきりとした根拠のある病名(広義の意味で)であり、これを鑑別し除外した上でたどり着くのが成長痛だと考えています。

『成長痛の症状』青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

  • *夕方~夜(寝ている間)や朝方に痛みを訴える

  • *ずっと痛い訳ではなく、不定期に痛む

  • *遊んでいる時は、痛みの訴えが少ない

  • *痛みのある箇所に腫れや圧痛、関節の運動制限など炎症症状はない(腫脹や運動制限がある場合には、外傷など他の原因を考えます)

  • *病院でレントゲンを撮っても、特に異常が見当たらない

この状態が2週間~1か月ほど続いている場合は、成長痛が考えられます。(成長痛による痛みを感じる期間もお子様によっては数か月~長い場合には年単位になる場合もあります。)

成長痛はどの年齢やどの部位に多い?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

成長痛の年齢は2~14歳にみられ、好発年齢は3~5歳の幼児です。疼痛部位は膝から足部に多く、疼痛発生時刻は夕方から夜中にかけて多いのが特徴です。痛む場所もいつも同じではなく、その時々によって異なります。

成長痛の原因|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

成長痛と呼ばれていますが、実際、骨の成長に伴って痛みが発生することは医学的にはなく、痛みの原因は今のところはっきりしていません。しかし、成長痛の原因には、ストレスが関係していると考えられています。一次成長痛が多くなる3歳~5歳頃は、自分でやらなければならないことも増え、ストレスが溜まる時期です。

  • *食事やお風呂、歯磨き

  • *遊んでいるのを辞めなければならない

  • *保育園や幼稚園の通園による団体生活

さらに、小学生(6~11歳)になれば学校生活、友人関係、12歳以降(思春期)になると異性関係や親子関係など、子どもの成長に伴いストレスの原因も変わっていき、成長痛として現れることがあるのです。

成長痛の対処法|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

*安静にする

基本的には一過性の痛みです。痛みがある場合は安静にしましょう。一過性といえども下記のように痛みがひどい場合は、無理はせず部活動などはお休みしましょう。

*患部をさする

成長痛は心理的ストレスからくる痛みもあります。その場合は、優しくさすってあげるだけでも痛みがやわらぐ場合があります。温めたり、幼児であれば抱っこしてあげるだけでも安心感につながります。

*充分な睡眠をとる

日中激しい運動をして疲れた体を、睡眠でしっかりと回復させてあげることも重要です。夜更かしはほどほどにして、体をきちんと休ませましょう。

*運動前後にはストレッチを

急に体を動かすと筋肉や関節に負担がかかります。体育や部活動でも行っていると思いますが、基本はまずストレッチからです。体をほぐして負担を軽減しましょう。運動後もストレッチなどでクールダウンすることをおすすめします。ストレッチをすることが成長痛の予防につながります。

*痛みを感じる部分を冷やす

成長痛は冷やすことで痛みがやわらぐことがあります。

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では成長痛へのアプローチ法として負担のかかっている筋肉へ手技療法、電気療法を施しております。またお子様で安心して受けていただける骨盤矯正も提供しております。当院の骨盤矯正は「バキバキ」と激しい矯正ではなく、ソフトな力で行いますのでどの方でも安心して受けていただけます。

もしお子様が成長痛の症状でお悩みならば是非河辺リーフ鍼灸整骨院までご相談ください!!

青梅市河辺リーフ鍼灸整骨院では成長痛に限らず、お身体の不調でお悩みでしたら青梅市で人気の整骨院、河辺リーフ鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

河辺リーフ鍼灸整骨院

0428270558

河辺リーフ鍼灸整骨院 LINE

住所
〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12−1
アクセス
河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間

駐車場のご案内

駐車場の写真1

駐車場の写真2