青梅市で膝側副靱帯損傷でお悩みなら河辺リーフ鍼灸整骨院へ|青梅市の河辺リーフ鍼灸整骨院

膝側副靱帯損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝が痛い
  • 膝が腫れている
  • 膝に熱感がある
  • 膝の内側、外側が痛い
  • 膝に違和感がある
  • 膝を捻るとい痛みが出る
  • 膝に不安感、不安定感を感じる

上記のいずれかに当てはまる場合は膝関節側副靱帯損傷である可能性があります。もしかして膝関節側副靭帯損傷かもと思ったら、青梅市にある河辺リーフ鍼灸整骨院にご相談下さい!

青梅市河辺リーフ鍼灸整骨院では国家資格を持った柔道整復師、または鍼灸師が施術をするため安心して治療が受けられます。

膝関節側副靱帯損傷とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では国家資格を持った柔道整復師、または鍼灸師が施術をするため安心して治療が受けられます。

膝は主に前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯と4つの靭帯で膝の関節を安定させたり、膝の動きを制御しています。内側、外側についている靱帯、内側側副靱帯もしくは外側側副靭帯を痛めることを膝関節側副靱帯損傷と言います。

側副靱帯損傷になる原因とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では国家資格を持った柔道整復師、または鍼灸師が施術をするため安心して治療が受けられます。

側副靭帯損傷になる原因は内側と外側で異なります。

スポーツ活動中や日常生活で強い力が膝にかかり、内側に捻ることによって内側側副靱帯を負傷します。

内側と外側に比べ内側の方が痛めやすいジャンプ着地など接触なしで側副靭帯を痛めることもあり、身体をうまく連動していなかったり筋力不足だと考えられます。ジャンプの着地などで膝がうちに入って膝が捻りやすくなります。また、交通事故や落下事故など大きな力が膝にかかることによって膝が外側に捻られることによって、外側側副靭帯を負傷します。

側副靱帯損傷の症状とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では国家資格を持った柔道整復師、鍼灸師が徒手検査などを用いて損傷具合を確認します。

内側側副靭帯損傷の際は内側の痛みや外側側副靭帯損傷の際は外側の痛みがでます。

また、内側と外側に共通して、熱感や腫れ不安感などがあります。

側副靱帯損傷を放置してしまうと?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

膝の安定性や制御を行なっているので不安定になります。側副靭帯損傷と同時に前十字靭帯や半月板を損傷することもあり、長期的にみて変形性関節症になるリスクが高まります。更に、膝に水が溜まりやすくなります。しっかり治療とその後のリハビリを行うことが大切です。

側副靱帯損傷の分類?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では靭帯損傷の重症度によって3つに分類します。

Ⅰ度-靭帯の微細損傷で痛みや腫れも少なく不安定感や不安感は認められない。

Ⅱ度-靭帯が部分断裂であり、少しの不安定感や不安感がある。

Ⅲ度-靭帯が完全断裂で明らかな不安定感や不安感がある。

側副靱帯損傷のテスト法とは 青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院では内側側副靱帯損傷のテスト法として外反ストレステスト外側側副靭帯のテスト法として内反ストレステストを行います。どちらも膝を真っ直ぐにしているときや軽く曲げているときにももを固定して膝を内と外に曲げて不安感や痛みなどが増強するかを確認するテスト法です。

側副靱帯損傷の治療法とは? 青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

重症度によって保存療法や外科的治療になります。

青梅市河辺町にある河辺リーフ鍼灸整骨院の保存治療では痛みや腫れなどの炎症を落ち着けるためのアイシングや電気治療(ハイボルテージ)を行い、テーピング固定により患部の保護をします。痛みや腫れなどの炎症がおさまってきてからリハビリテーションとして指圧による筋肉調整、鍼治療、お灸などによりももの硬さを取り、ストレッチや可動域訓練を行い膝関節の動きを良くしていきます。

〜最後に〜『快適な日常生活を送るために』 青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

青梅市にある河辺リーフ鍼灸整骨院では側副靱帯損傷だけでなく腰痛や肩こり、膝の痛みなど様々な体の不調に対して、痛みを誤魔化す治療ではなく痛みを繰り返さないための根本治療を目指しています。骨盤の歪みがあることにより身体のさまざまな部分に負担がかかり筋肉が緊張し、痛みや不調を伴います。そのため骨盤矯正をして負担のかかりにくい体づくりを行い、筋肉調整により痛みを抑えていきます。

当院の骨盤矯正は「バキバキ」とはせずソフトな力で行いますのでどの方でも安心して受けていただけます。

さらにEMS(インナーマッスルトレーニング)で使えていない筋肉をつけるためのトレーニングも行い快適な日常生活を送って頂けるようにお身体のお悩みを改善いたします。

青梅市河辺リーフ鍼灸整骨院では側副靱帯損傷に限らず、他にもお身体の不調でお悩みでしたら青梅市で人気の整骨院、河辺リーフ鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

Q…手術は必要ですか

A…重症度によりますが靭帯の微細損傷で痛みや腫れも少なく不安定感や不安感は認められない場合などは十分回復が見込めます。

Q…靭帯損傷は冷やしたほうがいいですか温めたほうがいいですか

A…痛めた直後は痛みや腫れなどの炎症が強く出るので冷やすことをお勧めします。

2日間くらいは数時間間隔を開けて15分くらい氷で冷やすとより効果的です。

また、湯船には浸からずシャワーをお勧めします。炎症が落ち着いてきてからから温めましょう。

執筆者:
河辺リーフ鍼灸整骨院 院長 鈴木 優也
(治療家歴9年)

青梅市の河辺リーフ鍼灸整骨院では、対処的な施術ではなく根本から見直す施術を行います。身体への負担が少ない手技療法から関節に着目したアプローチまで様々な施術を行っております。「接骨院に行ったことがない」という方や整骨院に抵抗のある方にも気軽にお越しいただける、落ち着いた雰囲気の接骨院です。
サラリーマンやOLの方から、ご高齢の方、スポーツ選手まで幅広い患者さんにお越し頂いています。症状や年齢に応じてお一人お一人に適した施術を行ってまいります。
お身体に違和感がある際はどうぞお気軽にご来院ください。

お問い合わせ

河辺リーフ鍼灸整骨院

0428270558

LINEで予約

河辺リーフ鍼灸整骨院 LINE

住所
〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12−1
アクセス
河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間

駐車場のご案内

駐車場の写真1

駐車場の写真2

HOME

料金表・アクセス

初めての方へ

スタッフ紹介

yよくあるご質問

ブログ

損害保険

まろんのエステはこちら

会社概要