テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 荷物を握って持ち上げると肘が痛む
  • タオルを絞ると肘が痛む
  • 蓋を開けると肘が痛む
  • 歯を磨いていると肘が痛む
  • ドアノブを回すと肘が痛む

テニス肘とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

テニス肘はゴルフ肘とも呼ばれ、前腕の筋肉に肘が引っ張られることで炎症を起こし、肘に痛みがでる疾患です。テニスプレーヤーに多く見られるためテニス肘と呼ばれていますが、正式には「上腕骨外(内)側上顆炎」と呼ばれます。

テニス肘はバックハンド型とフォアハンド型に分かれます。バックハンド型は正式名を上腕骨外側上顆炎といい、指を開いたり、手首を手の甲側に曲げる筋肉が原因で起こります。これらの筋肉は肘の外側にある「外側上顆」と呼ばれる部分に付着しているため、繰り返しの筋肉の収縮により、骨が引っ張られて炎症を起こし、肘の外側に痛みが出てきます。

フォアハンド型は正式名を上腕骨内側上顆炎といい、指を閉じたり手首を掌側に曲げる際に使う筋肉が原因で起こります。これらの筋肉は肘の内側に付着しているため、肘の内側に痛みが出ます。

ですが、テニスとは関係なくテニス肘に悩まされる方は少なくありません。実際にテニス肘で悩まれている多くの方は、スポーツ以外の仕事や日常動作が原因で発症しています。

テニス肘の原因とは?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

テニス肘の原因は「同じ動作を繰り返す」ことによって起こります。テニスが原因でテニス肘になる人は繰り返しのストローク動作によって起こりますし、スポーツ以外でも、日常生活の中で包丁で切る動作を繰り返したり、編み物などで繰り返し同じ動きをしたりといった反復動作がテニス肘の原因となります。

また、テニス肘は30代以降の女性に起こりやすいと言われています。テニス肘といっても普段運動をしていない主婦層に多く見られる疾患と言えます。

テニス肘は治療するべき?|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

テニス肘は早めの治療が大切です。繰り返しの動作が原因で起こる疾患なので、放置すればそれだけ負担が蓄積していきます。テニス肘を長い間放置していると、炎症が起こるために肘が腫れたり、熱感が出てきたりします。

さらに放置して、炎症が起きているのに無理して筋肉を酷使してしまうと、動かしていない時でもジンジンと痛みがでてくるようになったり、ひどい場合には剥離骨折を起こす場合もあります。

もしかしてテニス肘になってしまったかも?と思ったらすぐに河辺リーフ鍼灸整骨院までご相談ください。

テニス肘の治療法|青梅市 河辺リーフ鍼灸整骨院

テニス肘は使いすぎ(オーバーユーズ)が原因となる疾患なので、筋肉はできるだけ動かさずに休ませてあげることが大切です。また、サポーターやテーピングなどを使用し、筋肉の負担を減らしてあげることも治療に効果的です。ですがテニス肘は日常生活で痛めることが多く、休ませることが難しい場合が多いです。

青梅市の河辺リーフ鍼灸整骨院では、テニス肘の原因となる凝り固まった筋肉を、柔整マッサージや鍼治療によりほぐしていくことで、肘にかかる負担を減らし、テーピングなどで肘のサポートをしていく治療を行っております。筋肉の張りを和らげたり、炎症を抑えたりしていくことで、テニス肘を改善することが可能です。

テニス肘の症状にお悩みの方は是非一度、青梅市の河辺リーフ鍼灸整骨院まで起こしください。

お問い合わせ

河辺リーフ鍼灸整骨院

0428270558

河辺リーフ鍼灸整骨院 LINE

住所
〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12−1
アクセス
河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間

駐車場のご案内

駐車場の写真1

駐車場の写真2